<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

靈氣(れいき)とアルニカの効能


週末、女友達に頼まれて、

日本から来られた彼女のお母様に

靈氣を当てに行ってきました。



お母様は60代。

飛行機での遠距離移動に加えて、

空港から使用した

タクシーも混雑に遭い、

長時間ほぼ座りっぱなしで、

やっと友人宅に到着。

室内でスーツケースを

引っ張ろうとした際に、

捻った腰をぐきっとやってしまった

とのこと。



腰の左半分に激痛が走り、

へなへなと膝から崩れ落ちてしまった

とのことです。

いわゆるぎっくり腰の症状です。



私が友人宅に到着すると、

お母様は立ち上がって迎えようと

してくれたのですが、

「痛、たたた・・・」

と、立つのも歩くのも、

腰を下ろすのもやっとの、

大変お辛いご様子。



・・・正直、この状態に

靈氣が効くのだろうかと

自信がなかったのですが、

既に土曜日の夕方、

病院に行くのも難しい情況です。



ベッドまで一歩一歩

ゆっくり移動してもらい、

楽な姿勢で横たわってもらいました。

その間も、

身体を動かすごとに走る苦痛に

顔をゆがめていらっしゃいました。



先ずは、

持参したオイルでマッサージ。

普段はあまりしないのですが、

せっかくはるばるフランスまで

いらした友人のお母様です。

とにかく、

良さそうなものは何でも試して、

痛みが少しでも早く和らいでくれればと。

靈氣との相乗効果を期待しました。



持参したマッサージ用オイルを

手に取って温め、

肌に擦り込むように

マッサージしました。



オイルが肌になじんでから、

靈氣の開始です。



靈氣を当てていると、

大抵の場合は、

気持ち良くて

うとうと眠ってしまう方が

多いのですが、

このお母様は逆に、

口数が多くなり、

1時間半の間、

ずっとお喋りがとまりませんでした。

こういう方も

たまにいらっしゃいます。



・・・しかし、

靈氣を当てている方としては、

結構心配になる訳ですよ。

相手が眠りにおちれば、

効いているというのが分かるのですが、

お喋りしているのでは、

表面上は何も変化が見られない訳ですから。



約1時間半が経過して、

手に受ける反応が大分弱くなったので、

ひとまず手当を終了し、

ゆっくり起き上がってもらったところ。


「あ・・・歩ける!?」


腰を庇いながらですが、

ほぼ真っ直ぐな姿勢で、

歩けるようになっていました。



その後、友人とお母様と

夕食をご一緒させてもらったのですが、

友人が台所で調理中、

鍋の蓋を落として

大きな物音をさせた際、

「大丈夫!? 何か割れた?」

と、お母様、

椅子から立ち上がって、

すたすた歩いて台所を

覗きに行ってましたからね・・・。



台所でお気づきになったのか、

「ちょっと! 私、歩いてる!」

と驚いていらっしゃいました(笑)。



いや、靈氣って本当に不思議です。 




ちなみに、マッサージに使用したオイル↓


ヴェレダ アルニカ マッサージオイル。

アルニカはキク科の高山植物。
血行促進、肩凝りや筋肉痛、捻挫などに効果あり。
スポーツ前の怪我予防、スポーツ後の筋肉疲労等のケアに
適しています。菊の花のような良い香りがします。




  

50ml  1575円

輸入品なので、値段はどうしても高めですが、
50ml でもかなりたっぷり使えます。

WELEDA公式サイト


怒りに囚われない


どうもここ最近、食欲がありません。

自分でも、何をそう焦っているのか。

いやあ、平常心を保つって、

本当に難しいものですね。(←水野晴郎風に)



靈氣(れいき)に、「五戒」という

5つの教えがあるんです。



靈氣療法創始者である

臼井甕男(うすいみかお)氏が、

靈氣で病気が治っても、

また同じ病気をぶり返して

治療所に戻ってくる者がいるのを見て、

体を治すだけでは駄目だ、

心の持ちようから改善せねば、

根本から癒えることはできない

ということで、定めた5つの方針です。



その五戒とは。


今日丈け(だけ)は

怒るな

心配すな

感謝して

業をはけめ(=仕事に励め)

人に親切に


です。



こう書いてみますと

当たり前のことのようですが、

この最初の「怒るな」が、

「今日だけ」の1日限りであっても、

既に難しい。実に敷居が高い。



もう、takezoなんて、

「今日だけは、

怒るな

怒るな

怒るな

怒るな

怒るなああ!」

で五戒になりますよ!

十戒にしてもいいくらいです。



もしくは、

「今日半日だけは」、

「午前/午後だけは」、

「せめて1時間」、

「あと30分だけでも」。

・・・なんだか、

宿題そっちのけで

テレビゲームにのめりこみ、

親から叱られる

子どもの言い訳のようです。



「怒らない」ということが、

これほどまでに難しいとは。



いや、しかし、

「怒り」というのも

必要不可欠な、

大切な感情であります。

そして、今が怒るときでしょう。



が、怒りが長期化すると

やはり人を蝕むものです。

すると、

大事なことをする気力までもが

奪われてしまいます。



強い怒りを感じるくらい

大事なことがあった筈なのに、

目の前の怒りに囚われてしまうがために、

現実的な行動に移す気力を失ってしまう。

そうなると、今度は、

虚しさや罪悪感に囚われることになります。

そこから脱け出すのに、

また怒りを甦らせ・・・

こういった悪循環は避けたいものです。



という訳で、心がけよう平常心!



夫「君、最近、小食ですよね・・・」


今日の夕食の後で、

夫が心配してくれました。



ご飯は丼飯、

スパゲッティなら200gを

一食分として食していた私が、今や、

ご飯は茶碗2膳、

スパゲッティ100g

という有様なのですから。

*「それが普通だろ!?」という説は知りません)。

大切な人を心配させるなんて、本末転倒です!



夫「駄目ですよ、ちゃんと食べなくっちゃ!」


T「そうですね。

自分がちょっと色々なことに

囚われ過ぎていると感じています。

しかし、これからは、

普通になれるようやってみますよ」


夫「じゃ、早速、何かデザート作って下さい」


T「・・・はい?」


夫「普通になるんですよね?

食後にはデザートあるのが普通でしょう?」




・・・い、怒るな。



靈氣との出会い3 名は体を表す


さて、靈氣を学びたいと思った私が

数ある流派の中で特に心惹かれたのが、

直傳靈氣研究会」でした。



レイキ、reiki、霊気

という言葉が使用されている中、

唯一「靈氣」という、

最も古い漢字字体を使っていたのが、

「直傳靈氣研究会」だったのです。



おお、これだ・・・!

これこそが、私の求めていたもの。

瞬時にそう思いました。



字は、大事です。



いえ、確かにね、「靈」という字には、なかなかこう、

恐ろしいような、近寄りがたい印象がありますので、

「レイキ」という片仮名を使うことで、

より世間の人に怖がらずに親しんでもらおうという

配慮があるのは、大いに理解できるのですよ。



ですが、私は、

「霊」と言えば「幽霊」を真っ先に連想してしまう

風潮の中で、それでも敢えてこの靈氣療法創始者

である臼井甕男氏が使用した「靈」の字を使うーー

しかも、現代において、現代字体の「霊気」ではなく

旧漢字の「靈氣」という語を継承し続けているという

「直傳靈氣研究会」のその心意気に打たれたのです。



「霊気の『霊』は、”尊い”、”偉大な”という意味なんですよ」

と言われても、「へー」と思うだけかもしれませんが、

古い字体の「靈」の成り立ちまでを知れば、ただ尊いだけでなく、

「どのように」尊いかまでをも深く識ることができます。



言靈を大切に思うなら、同時に、

文字にも敏感でありたいものです。



たとえば、

私には、「綾子」という姪がいまして。

日本とフランスで離れているので

なかなか会えませんが、前回会ったときは、

1歳4ヶ月頃だったでしょうか。

まだ言葉は喋れませんが、

大人の言うことが少しは分かる年頃で、

「あやこちゃ〜ん」と呼ぶと、

3秒の時差を経てから、

右手を挙げるんです。



3秒ってけっこう長いんですよ。呼んでから、

手、挙げてくれるかな、挙げてくれないのかな、

駄目なのかな、あ、なんか挙げてくれそう?

あ〜、挙げてくれたあ!

って、失望と希望の間を

余裕で3往復くらいできますからね。

焦らしの技を使いこなす1歳4ヶ月。



・・・皆様も、殿方から

「オレとつきあって下さい」と言われた際には、

よしきた!!」と即答せず(そんな人いません)、

「んー、ちょっと考えさせて・・・」

と、3日間くらい返事を保留にし、

殿方に不安と期待の間を往復して頂いた後に

諾の返答をする方が、

殿方の喜びもひとしおとなりましょう。

殿方のためです。



それにしても、

姪とはこんなにかわいいものなのか・・・!



私の両親は、

「孫というものは、格別にかわいいものだ」

と、初孫である彼女にめろめろです。

が、そこは伯母のtakezo、大いに不満があります。

姪だって、格別にかわいいさ!

2等親直系だからって大きな顔して!

3等親傍系の私の方が、歳は近いんだからなっ。

takezo、実の親に嫉妬にめらめらです。

・・・今、こう書いていて、

自分でも何を血迷っていたのか

よく分からないのですが、

そんな血で血を洗う葛藤の中

(*心の中だけです)、

takezoは思いついたのです。



そうだ、姪っ子に愛称をつけてあげよう! と。

そう・・・それはまさに独占欲の発露



読者の皆様にも経験がないでしょうか。

殿方とおつきあいするにあたり、その殿方に、

「私による、私のための、私だけの呼び名」

をつけて差し上げた経験は。



名を与える・与えられることは、

与える者と与えられる者との間に、

特権的且つ優先的な関係を

生じさせることを意味します。

↑上の文章を翻訳すると、

「カレのこと、マー君って呼んでいいのは、

カノジョのワタシだけよ!」

となります。



ちなみに、私の知っている例ですと、

洋(ひろし)という殿方を、

「メイ」と呼んでいた女子がかつていました。

普通に「ひろし」、「ひろ」、「ひろちゃん/君」

と呼べばいいものを、

「そんなのイヤ! カレ親もカレ友も、

元カノも(←ここ、重要なポイント)、

そのどれかで呼んでたんだから!」ということで、

「わたしこそが彼の最後の女」を自負する彼女が、

彼につけた呼び名が、「メイ」。



その由来は、

1)洋から「氵(さんずい)」を抜いたら「羊」。

2)羊は「メエ〜」と鳴く。

3)加えて、彼は5月生まれ。つまり、5月=May。

4)2)と3)をかけた。

以上の過程を経て、呼び名「メイ」が完成。



という訳で、

「メイ」と呼び続けて1年後。

・・・彼女は洋にふられました。



だって、やっぱり不自然ですよ。

大体、2)羊=「メエ〜」の過程が、

どう考えてもおかしいだろう?

「名は体を表す」と言いますが、

「名は態を表す」とも言えるでしょう。

状態、様態の「態」です。

ひねりにひねってつけられた呼び名に、

彼女と彼の不自然で無理のある様態が

既にして表れていたのではないでしょうか。

ならば、その無理のある関係は、

長続きせずとも不思議はありません。



仏師が如何にして仏の像を彫るかご存知でしょうか?

あれは、仏師が仏を彫っているのではないのです。

木もしくは石の中に、仏は既に隠れて在り、

仏師は、ただ、仏がそうである形に、

木もしくは石を削るのみなのです。



名も同じです。

心を無にし、じっとその対象に集中していれば、

おのずとその対象に相応しい名が浮かんでくる

というものです。



takezoも優れた仏師の眼で、姪を見つめました。

そのうち、ふっと、我が姪にふさわしい呼び名が

浮かんできました。



モンキーバナナちゃん」。



・・・これだ。



姪っ子の、

食べたくなっちゃうような可愛らしさを、

的確に表現した呼び名だと思います。



試しに呼んでみました。


「モンキーバナナちゃ〜ん」。

3秒の時差を経て、右手を挙げる姪。


ほら、やっぱり!



ところが、何度か呼ぶうちに、

takezoは気づいてしまったのです。

「あやこちゃん」と呼ぶときと、

「モンキーバナナちゃん」と呼ぶときとでは、

確実に何かが違うということに。

それは私の頭の中。



「あやこちゃん」と呼んでいるとき、

私の頭の中には、彼女の本名である

「綾子」の字が、自動的に浮かんでいるのです。

「錦(にしき)綾なす樹々」とかですね、

「綾絹」とか「綾織り」とかですね、

「綾」という字にまつわる、

こう、柔らかで繊細で高尚なイメージまでもが

同時に浮かんでいる訳です。



その想いやイメージを伴って、

「綾子ちゃん」と呼んでいる訳ですよ。

毎日毎日何度も何度も呼びかけられる毎に、

子どもは、そう名づけた親の想いも

受けとめていることになるのです。

これこそが言靈です

これこそが愛です



呼びかけている対象は同じ姪なのに、

「モンキーバナナ」ちゃんと呼ぶ際、

私の頭の中には、

あの黄色い小ぶりのどでんとしたバナナしか

浮かんできませんでしたよ、やっぱり。

「綾子」ちゃんと呼ぶときに出現する

深く柔らかく繊細なイメージとは

大違いの、即物的なイメージです。



・・・あ、でも、もしかしたら、

何度も何度も呼んでいるうちに、

南国の黄色いフルーツに相応しい

みんなに好かれるお茶目で陽気な

性格になるかもしれないし、

金運も上がるのかもしれないが。



・・・。



うん、それもいいかもしれない!




・・・そうなる前に、

姪の親(弟夫婦)に叱られました・・・。

「うちの子に変なこと教えるな!」




お子様の健やかな成長を願うなら、

変な大人を近づけるのはやめましょう。



靈氣(れいき)との出会い2

 

自分で実践できる

自然療法を調べているうちに

出会った靈氣。



takezoが得た情報をまとめると、

靈氣の特徴は、


・1度身につけたら一生使える。

・特別な勉強が不要。

・物や道具が不要。

・禁忌が無いので、いつでもどこでも誰にでも使える。



・・・アヤシイ・・・。

こんな美味しい話があるものか



というのが、takezoの最初の感想でした

(本当にすみません)。



・・・なんせ、「美味しい話」には

さんざん欺されてきたtakezoデス。

「眠っているうちに、英語がペラペラ」だの、

「フェロモン香水☆一吹きであなたも激モテ」だの、

「キミはボクの運命の女性だ。・・・ところで、

友人の保証人になったら負債ができちゃってね。

借金返せば、キミと結婚できるんだけどな・・・」だの、

もう・・・もう、欺されるもんかあ!


(*本気で信じないで下さい。お願いします)



が、どうもやはり、

この「靈氣」なるもののことが

気になって仕方なく、

更に色々と調べた結果、

疑問は完全には払拭できないものの、

このままでは、

ずっと気になり続けることになるだろう

と感じましたので、

ならば習ってみればいいじゃないか、

と思い、講習を受けることに決めたのでした。



結果から言うと、大満足でした。



先ず顕著に効果があったのは、月経痛でした。

毎月毎月、起き上がれない程の痛みがあり、

鎮痛剤やカイロが手放せなかったのですが、

鎮痛剤は毎月飲んでいると効かなくなってきますし、

カイロもフランスではなかなか入手できないので、

不安を覚えていました。



靈氣を習って最初の月経時。

腰や腹に手を当ててはいましたが、

このときは、靈氣の効果は

はっきりとは分かりませんでした。

カイロに頼るしかありませんでした。



2度目の月経時には、

靈氣で痛みは少々緩和したのですが、

最終的にはやはりカイロが必要でした。



3度目に、はっきりと効果が出ました。

カイロを使用せず、自分の手だけで、

激しい痛みを抑えることができたのです。

横たわった体勢で腹と腰に手を当てていたのですが、

30分程経った頃でしょうか、

痛みで何度も寝返りを打つ情況で、

いつの間にか眠りに落ちていたのです。

小一時間経って眼が覚めてみると、

痛みが消えていました。



4度目、これから痛くなるぞという兆候の出る前から

腹・腰に手を当てたせいか、軽い鈍痛で済みました。



5度目、6度目は、月経の2、3日前から

手を当てるようにしたため、

痛みをほとんど感じず、普通に過ごせました。



講習で、「靈氣は使えば使うほど、強くなっていく」

と聴いていましたが、それを実感しました。



こうして、現在は、自分の手だけで

対処できるようになり、

完全に鎮痛剤もカイロも不要になっています。

外出先や旅先で痛みに襲われたら・・・?

という不安からも解放されました。



靈氣はtakezoの一生ものです。



靈氣(れいき)との出会い1

 

takezo靈氣を知ったのは、

フランスで生活するように

なってからです。



きっかけはごく単純です。

「外国で、病気になるのは心細い」。



普段の生活でフランス語を

使っているとはいえ、

病気時や痛みのあるときに、

母語ではない言葉で

冷静且つ的確に症状を言い表すのは

なかなか難しいものです。



風邪や頭痛、便秘や下痢といった

よくある症状、

また、日本で既に何らかの持病が

あった人なら、言葉の面でも相応の

準備ができるものですが、

気候風土が違う国に来て、

今まで罹ったことのなかった病や

思わぬ異文化ショックを経験する

といったこともあります。



たとえば、takezoは、

フランスに来てから

牡蠣アレルギーになりました。

詳しいことは分からないのですが、

日本の牡蠣とフランスの牡蠣では

内包している菌が違うようです。



また、日本人なら、

体温が37度4,5分だと

完全に発熱していることになりますが、

平均体温が37度程度あるフランス人に

とっては「微熱」でしかないようです。

37度4分の熱を出して

「頭が痛くて、悪寒がします、

気分も悪くて、立っていられません」

とふらふらになって

病院に駆け込んだ日本人が、

医師から「大げさな」と言われ、

何の処置もされずに帰されたという

逸話を耳にしたこともあります。



そういう環境の中で、

先ずは自分で出来る自衛策をと

考えるようになった訳です。



そこで、自然治癒力を高める

代替療法について、色々と

調べるようになりました。

アロマテラピー、ホメオパシー、

ツボ、整体、ヨガ等々です。



しかしながら、

これらの自然療法は勉強や指導者が必要です。

数ヶ月から年単位で学校に通わなければ

ならなかったりもします。

また、アロマテラピー、ホメオパシーなら

エッセンシャルオイルや

レメディといった「物」も必要です。

禁忌もあるので、注意も必要です。



また、物や道具を必要とする代替療法は、

それだけに「依存(心)」の可能性も孕んでいます。

いざというときに、「あれが切れていた!」

という情況を考えると、お分かり頂けるかと思います。



たとえば、出張や旅行のときにこそ、

疲れが溜まり体調が崩れやすく、

急病に罹ったりもしやすいものですが、

「物」や「道具」は、旅先ですぐに入手できるとも

限りませんし、持ち歩くとそれだけ荷物になります。

液体は、機内への持ち込みにも制限があり、

X線をくぐらせなければならないのも、

どうなのかと思います。



そういう意味で、

物や道具を必要とする代替療法は

「いざというとき」に弱いと言えるかと思います。



・・・takezoは、

あるとき、長距離移動の列車の中で、

手荷物の中に入れておいた

「いざというとき」用の

ラベンダーオイルの蓋が緩んだために

中身の大半が外に漏れ、

車両内にラベンダーの香りを充満させて、

乗客の皆様を癒して差し上げたことが

ありますよ・・・。

冷たい視線が、痛かった・・・。



とにもかくにも、

そんな模索の中で出会ったのが

靈氣だったのでした。



(続きます)



| 1/1PAGES |

Blog Ranking

ブログランキングに参加して
います。クリックして頂けると、
大変光栄です。

人気ブログランキングへ

靈氣(れいき)

Association Amaori が、
直傳靈氣ヒーリングと
直傳靈氣セミナー前期を
パリ、ブリュッセルで
実施しています。

お問い合わせは、
ayameiris800*gmail.com
までお気軽にどうぞ。
(*を@にして下さい)

profile

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR