<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

世界遺産になる街(番外編5)


*アブラム氏の単身赴任生活*


前回に引き続き、
映画『シュティの地へようこそ』の話題です。

しつこくて、申し訳ありません。
でも、本当に楽しいんですよ、この映画!

日本版が出ていないので、
ご紹介する意味を含めて
かなりネタバレ的な内容になっていますが、
本作をご覧になるご予定のある方は、
適当に読まないようになさって下さい。



地獄に旅立つかのような気分で、

北仏に向かったアブラム氏でしたが、

住んでみると、そこは、

美味しい食べ物、

独特の美しい文化風物、

温かく気のいい人達のいる

暮らしやすい土地。



思い込みの激しい神経質な妻と

離れて暮らす気楽さもあり、

アブラム氏は、

職場の愉快な仲間達と共に、

単身赴任生活を満喫します。



週末毎に、アブラム氏は

南仏の自宅に戻りますが、

”夫は北仏で辛い単身生活を送っており、

南仏の我が家に戻ってくる週末だけを

生き甲斐にしているのだ”と

信じて疑わない妻に、

自分が妻と遠く離れた地で

楽しくやっていることを

告げることができません。



妻「現地ではどんな暮らしをしてるの?」

夫「ああ、上手くやってるよ」

妻「嘘! そんな筈ないわ!」

夫「本当だって。北の人達は、

冷たくも粗野でもないよ。どころか、

なかなか気のいい連中でね・・・」

妻「どうして妻の私に嘘をつくの!?」

夫「嘘じゃないって」

妻「強がらなくていいのよ! 

苦しんでいるんでしょ? そうなんでしょ?」

夫「う・・・うん、まあ、その、辛いな」

妻「そうだと思ってたのよ・・・!

で、どんなふうに辛いの?」

夫「え、ええっと・・・その、北の奴らは

野蛮で、しょっちゅう飲んだくれてて・・・」

妻「そうでしょうとも! 

ああ、なんてかわいそうな私の夫・・・!」



こんな会話が、

アブラム氏が南仏に帰宅する

週末毎に繰り広げられ、

続く物語の山場は、

アブラム氏の妻が、

北仏の夫を訪ねてくるシーン。



妻である私も、

夫の苦しみを分かち合うべきなんだわ!

そうよ、夫と一緒に北仏で暮らそう!

と決意する妻。



が、そうなると、困るのはアブラム氏。



孤独で辛い生活を

送っていると信じていた夫が

実は妻無しで楽しくやっている

ということがバレると、

妻はどんなに荒れることか・・・!



そこで、アブラム氏の取った策とは・・・!



(待て、次回!)



世界遺産になる街(番外編4)

今日は、ノールパドカレ地方に

まつわる映画をご紹介します。

『シュティの地へようこそ』

<<Bienvenue chez les Ch'tis>>

(2008年)。



「シュティ(Ch'tis)」とは、

ノールパドカレ地方にある、

S(ス)の音をCh(シュ)と

発音するのが特徴の方言を

もつ人々のこと。



この地方の出身で、

喜劇役者である

ダニー・ブーンの

監督兼準主役出演作品です。

ちなみに、

この映画のプロデューサーは、

『ジェルミナル』の監督を務め、

この地方を愛してやまなかった

パリ生まれのクロード・ベリ。

(参照:http://terre-ciel.jugem.jp/?eid=63




 

 ダニー・ブーン Dany Boon



あらすじは、

南仏に暮らす郵便局長のアブラム氏が

北仏ノールパドカレ地方の、

名も知らぬ小さな街ベルグ(実在)に

移動させられることになる。

アブラム氏の周囲、南仏の人々が

ノールパドカレ地方に抱くイメージは、

「暗くて寒い風土、

まともなフランス語も喋れない、

粗野で野蛮で飲んだくれの、

冷たい人々の住む地方」。

妻子に同行を拒否され、

あたかも地獄に赴くような悲愴な気分で

ひとり北仏に旅立つアブラム氏。

だが、彼を待っていたのは、

温かく人なつっこく、ユーモラスな

北の人々だった・・・

というものです。



方言や文化の違いから起こる

数々の誤解を経て、

北仏の暮らしと人々に

とけ込んでいくアブラハム氏。

彼と彼を取り囲む

地元の人々とのやりとりが、

生き生きと描かれる

上質の爆笑コメディです。




 

 Bienvenue chez les Ch'tis

 『シュティの地へようこそ』




日本版が出ていないのが、

非常に残念です・・・!



世界遺産になる街(番外編3)


今日も、昨日に引き続き、フリット
(フライド・ポテト)の話題です。 



アメリカでは、

フライド・ポテトのことを

フレンチ・フライ」とも呼ぶのですが、

この呼称は、

アメリカにおいて、フライド・ポテトが、

フランス語圏出身のベルギー人によって

広められたことに由来するという説や、

1802年、時の大統領

トーマス・ジェファーソンが、

ホワイトハウスのディナーに

「フランス風に調理した」じゃがいもを

供したことがきっかけとなったという説

などがあるようです。



8年ほど前には、

アメリカのイラク「侵攻」に

異を唱えたフランスに対し、

アメリカではフランスに対する

反発感情が高まり、

米国議会の食堂で供される

「フレンチ・フライ」を

フリーダム・フライ」に

名称変更する措置が取られたことも

ありました。



 

          wikipediaより。




ところで、北仏・ベルギーの

フリットリーでは、

フリット=フライド・ポテトの他、

同じ揚げ物のチキンナゲットや、

魚のフライ、フライド・オニオン、

焼き物であるソーセージやハンバーグ、

サラダなども食べることができます。

また、これらをパンに挟んだ

ハンバーガーやホットドッグを

注文することもできます。




 



・・・もう一度、言います。

フリットリーでは、

フリットの他、

ハンバーガーやホットドッグ、

チキンナゲット

選ぶことができます。

そう、フリットリーの主役は、

あくまでフリット



マ○ドナルドやケン○ッキーで、

ハンバーガーやチキンナゲットの

サイドメニューとして、

「ご一緒に、ポテトはいかがですか〜?」

と勧められる、

あの脇役扱いのフライド・ポテトが、

ここでは主役




 


 俺が主役さ!




 


 俺が主役さ!



皆さんも、北フランスや

ベルギーに行かれた際は、

是非、フリットリーで

フリットをお試し下さい。



世界遺産になる街(番外編2)

 

今日も前回に引き続き、

食べ物の話です。



前回、北仏ノールパドカレ地方

の食べ物を幾つかご紹介しましたが、

この地方を代表する料理と言えば、

なんといっても、

Frites (フリット)

すなわち、フライドポテトでしょう!



前回ご紹介した食べ物同様、

フリットは、北フランスだけでなく、

隣接するベルギーの名物料理でもあります。

じゃがいもが主要生産作物である

この両地域では、いたるところで、

Friterie(フリットリー)

=フライドポテト屋さんを

見かけることになります。



    



     


 店で食べられる他、テイクアウトもできる。

 また、街のイベント時には、フリットの屋台も出ます。

 最後の写真は、ベルギーのフリット屋さん。




・・・まあ、その、

マ○クドナルド等で、

「(ハンバーガーと)ご一緒に、

ポテトもいかがですか〜?」と

勧められるのと一見同じ

あのフライド・ポテトな訳ですが、

ノールパドカレ地方やベルギーで

食べるフリットは、ひと味違います



美味しさの秘訣は、

2度揚げにあるようです。

1度軽く下揚げしておき、

お客さんからの注文時に

再度揚げるのです。

そのおかげで、

外はサクサク、中はほくほく。

冷めるのも遅い。

2度揚げしてないフリットは

フリットじゃない

とまで言われているようです。



北仏・ベルギーのフリットは、

マヨネーズをつけて食べるのが、

伝統的とされる食べ方なのですが、

昨今では、様々なソースが

開発されておりまして、

マヨネーズ、ケチャップ、タルタル・ソース、

サワークリーム、バーベキュー・ソース、

マヨネーズとケチャップが混ざった(推定)

アンダルシア・ソース、

マヨネーズとケチャップ(推定)にピリ辛味を

加えたサムライ・ソース(何故だー)などなど、

微妙な違いの、

微妙な名前のソースが、

多い店では20種類程が揃えられ、

指定できるようになっています。



   


 小サイズで、お腹いっぱいになります。



世界遺産になる街(番外編1)

 
今日は、食べ物の話です。


ランスを始め、

北仏ノールパドカレ地方の

食べ物、料理の多くは、

隣接するベルギー西部の

ものと共通しています。



たとえば、ビール。



フランスと言えばワイン、

を連想するものですが、

日照時間の少ない北フランスでは、

ぶどうが育ちにくく、

地産ワインもありません。



という訳で、

ノールパドカレ地方のカフェやバーで

飲まれるワインは、

フランス他地域で生産されたもの。

むしろ、他地域ではあまり飲むことの

できないベルギー産のビールが、

この地方では日常的によく飲まれています。



そして、他地域の多くでは、

肉や臓物の地産ワイン煮込みなどが

名物料理になっているのに対し、

ノールパドカレ地方では、

料理にビールが使われます。



また、ベルギーの名物料理として

知られるムール貝のスープも、

ノールパドカレ地方の

海に近い地域では

よく食されています。



 


 レストランで注文すると、本当にこんな大鍋で

 出てくるので、圧倒されます。




このムール貝スープには、

白ワインを使うバージョンと

ビールを使うバージョンとが

あります。

 


ビールを使う料理、

皆様も是非お試し下さい。

コクと甘みがあって

美味しいですよ。

ビーフシチューやカレー、

魚介類の酒蒸しなどで、

ワインや日本酒を使う際に、

これをビールに換えてみる

だけでOKです。

この際、苦味の少ないビールを

使う方が、日本人の舌には

合うと思います。




*ノールパドカレ地方の

ビール煮込み料理

「カルボナード」の作り方を

ご紹介しておきます。



 



材料:4人分

・シチューやカレーの煮込み用牛肉1㎏

・ビール500〜700ml

・玉葱4個。

・バター大さじ2

・その他のオイル大さじ1

・小麦粉大さじ2

・蜂蜜か砂糖大さじ2

・塩、胡椒



作り方

1)牛肉を、表面に軽く焼き色がつくまで

バター、オイルで炒める。

2)小さめに切った玉葱を1)に入れ、

透明になるまで炒める。

3)蜂蜜と小麦粉を入れて、ダマにならないよう

全体に混ぜ合わせる。

4)ビール、塩、胡椒を入れ、

牛肉がとろけるようになるまで2時間ほど煮込む。



*材料は、お好みで適当に調節して下さい。


*玉葱以外の野菜を加えることもできます。

適した野菜は、人参、じゃがいも、マッシュルーム、

セロリなど。大きめに切り、玉葱を炒めた後に投入します。


*または、これらの野菜を別に茹で、

出来上がったカルボナードのソースを上から

かけて食べても良いです。



世界遺産になる街12


・・・なんか、
ランスのことをさんざん
サッカーしか無い
(と見なされている)街」
なんて書いているtakezoですが、
本当なんです!
私が勝手に言ってる訳じゃ
ないんです!


現に、
グーグル・フランス www.google.fr/ で
Lens(ランス)を検索するとですね、
1ページ目に上がってくるのは、
どれもこれも
地元サッカークラブRCLの情報ばかり
普通の観光情報とかが出て来ません。


このことについては、つい最近、

地元新聞でも取り沙汰されたばかりで、

ランス市長も

「街のカーソルを

(サッカーから文化に)動かしたい」

という言い方で、

不満といいますか

希望を表明したとのことです。



新聞記事の概要は以下のとおり。



リーグ1(フランス1部リーグ)の

チームをもつ大部分の都市で、

街の情報ではなく、

サッカークラブの情報が

検索結果のトップに上がってくるのは、

ランスくらいのものである。

トップに上がった6情報のうち、

5つがサッカー、街の情報は1つだけ。

・・・10番目は? おっと! 

ルーブルランス・プロジェクトだ。

後者は、開館のときまで

順位を更新し続けるだろう。

(友好)試合開始だ!



・・・なんか、

こう書かれたものを読みますと、

むしろ逆にサッカー(情報)

応援したくなるのは、

takezoだけでしょうか?



・・・と、この新聞記事が出たのが

先月の2月17日なのですが、

本日3月3日に改めて、

グーグル・フランスで

「ランス」を検索してみたところ、

トップ3位まではサッカー関連。

4位に、街情報が。

5位は、再びサッカー情報。

そして、

記事が出た半月前の時点で10位だった

ルーブル・ランスが6位に

浮上してきているではありませんか!



く・・・くそ、やるな、

ルーブル・ランスめ。

やはり当局の権力がつくと強いのか。



サッカーには今後とも

頑張ってもらいたいものです。



・・・でも、RCL、

現在リーグ1の

20位中暫定19位で、

リーグ2への降格の危機

あるんですよおおお・・・!




今シーズン終了の5月末まで、

眼が離せません。


来年2012年実現予定の

炭坑ユネスコ登録と

ルーブル・ランス開館と揃って、

来シーズンのリーグ1残留を

是非実現させてほしいものです。



世界遺産になる街11


炭坑業で栄えたランス始め

ノールパドカレ地方。



実は、

現在ルーブル・ランスが

建設されている場所も、

かつて「炭坑No9」と呼ばれた

炭坑の跡地です。



  


 1930〜38年頃の炭坑No9。



 

 

 炭坑No9解体の後、現在はルーブル・ランスが

 建設されている(完成予想図)。




70年代後半辺りから

炭坑業が廃れていくとともに、

多くの炭坑作業施設や

ぼた山などは解体・撤去され、

採掘場は埋め立てられて

更地となり、

新たな用途に使用されるように

なっていきました。



が、うち捨てられたままに

なっているものも、

また数多く残っています。



そんな旧炭坑の土地が、

どうなっていくかと言いますと。



先ずは、ぼた山。




 


 周囲から草が覆い始め。




 


 ぼた山全体を覆い。


 


 


 木が生え始め。




 


 やがて本物の山となっていきます。



一方、こちらは、採掘場跡。



 



 



 


 採掘で侵出した地下水や雨水が溜まり、

 池になっています。




ノールパドカレ地方にある

このような多くの旧炭坑の土地が、

自然公園に指定され、

風光明媚な観光・散策名所、

またスポーツの場となっています。




 



 



 


 雪景色もまた美しいぼた山。




 

 


 人工スキー場や
 パラグライダー滑空場になっている
 ぼた山もあります。



世界遺産になる街10


こちらは、
ご存知ルーブル美術館地上入り口。


 




こちらは、
ランス始めノールパドカレ州の象徴とも言える
ぼた山。


 




この2つを組み合わせると、
このようになります。



   

 ランス市が発行している、
 「ルーブル・ランス」誘致推進パンフレット表紙。


 
また、このようにもなります。


 

 「ルーブル・ランス」誘致推進キャンペーンの一貫。
 美術館完成予定地から隣接都市リールに向けての
 42195kmを走る、
 その名も「ルーブル・ロード」マラソン大会広告。



どうですか、このセンス。
シビれませんか、このセンス。
憎い、憎いぞ、ランス!



調子にのって、
もっと面白いものはないか
と探し続けていたら、
こんなものも発見して
しまいました。


ルーブル美術館、実は現在、
アラブ首長国連邦の首長国のひとつである
アブダビにも分館を建設中なのですが。




  

 「ルーブル・アブダビ」館。完成予定は2013年。



・・・なるほど、
砂漠と組み合わせると
こういうことになりますか・・・。


・・・しかし、なんだろう、
この意匠の、
違和感の無さというか、
意外性の無さというか、
むしろ、しっくり来る感じは・・・?


と、つらつら考えてみまするに。



・・・分かってしまいました。




 



砂漠にピラミッド・・・って、

     まさにオリジナルじゃないですか・・・!




思わぬ敗北感に打ちのめされてしまった
takezoなのでした。




*残る4つの疑問

1)上の「ルーブル・アブダビ」ポスターを発案したのは、
フランス側なのか、それともアブダビ側なのか。

2)アブダビ側は納得しているのか、
「これじゃ、うちとエジプトが混同されてしまう!」
という危機感は無かったのか。

3)それとも、「エジプトにはギザのピラミッド。
うちはルーブルのピラミッドで勝負だ!」と
むしろ積極的なのか。

4)・・・余計なお世話なのだろうか。


             


世界遺産になる街9


「サッカーしか無い」と言われる、

取り残されたような旧炭坑の街ランスで

進行中の「市民の誇りを取り戻す」

地域活性化計画、2件。



ひとつは、

炭坑をユネスコ世界遺産に登録する計画。

http://terre-ciel.jugem.jp/?eid=65

http://terre-ciel.jugem.jp/?eid=66



そして、もうひとつは。
 


 



この写真はランス駅前界隈ですが、

右端にご注目下さい。





 


 ルーブル美術館別館「ルーブル・ランス」誘致推進広告



この絵は、ご存知ルーブル美術館所蔵、

ドラクロワ作『民衆を導く自由の女神』。

1830年の7月革命をテーマに描かれた絵です。

みんなでランスにルーブルを引っ張ってこよう!

ルーブル・ランスで街に革命を起こそう!」的な

メッセージが読めるかと思います。




 


広告中の文字

LE LOUVRE EN SANG ET OR は

「赤(血の色)と黄(金の色)のルーブル」の意。

その下のスペースには、

「芸術がスタジアムに乗り込んでくる時」

と書かれています。



ところで、

赤と黄色は、ランス・サッカーRCL

(レーシングクラブ・ド・ランス)の

チームカラー。



       




実は、このルーブル・ランス館、

RCLホームスタジアム

スタッド・フェリックス・ボラールとは

ほぼ隣り合わせ、徒歩5分の

移動可能距離圏内に建設されていまして。



  


 中央が建設中のルーブル・ランス館(完成予想図)。

 その上にあるのが、RCLホームスタジアム



このルーブル・ランス館誘致には、

RCLも全面的に協力しており、

ホームスタジアムにも、

この誘致広告ポスターが

大々的に掲げられているのです。




 


 スタジアム入り口に掲げられたルーブル・ランス館

 誘致推進ポスター。ポスターは、ドラクロワ他、

 5作品の名画シリーズになっています。




 


 スタジアム内部にも。名画に囲まれてのサッカー観戦。



これらのポスターが、

初めてRCLのスタジアムに登場したのは、

2010年9月25日。

パリのチームであるPSG(パリ・サンジェルマン)

を迎えてのホーム戦が行われた日でした。

パリからルーブル別館を誘致する

ということで、この日に合わせた訳です。

・・・なんて芸が細かいんだ(笑)。




という訳で、

ユネスコ世界遺産登録と

ルーブル・ランス館建造計画。

どちらも、

2012年実現を目指して

現在進行中です! 


 

     



世界遺産になる街8

 
ノールパドカレ地方の炭坑業について、
より詳しく知りたいなら、
ランスから25km南東の
ルワルド炭坑歴史センター
(Centre historique minier de Lewarde)へ。



このセンターは、
旧炭坑を博物館にしたもので、
炭坑で使用されていた道具、工具、機械、
労働者達の作業着、写真、絵画、映像等々、
15000点の資料が所蔵されています。



 


 
 
   

 
 


ガイド付き地下坑道ツアー。
実際の作業の様子を知ることが
できます。



 

センターには、売店がある他、
食事もできます。
レストランは、炭鉱労働者達が
実際に食事休憩を取っていた場です。




写真は、以下のサイトからお借りしました。


*「ルワルド炭坑歴史センター」
Centre historique minier de Lewarde


・所在地・連絡先

Fosse Delloye 

Rue d'Erchin - BP30039 

59287 Lewarde France 

Tél : (33) 03 27 95 82 82 

Fax : (33) 03 27 95 82 83

contact@chm-lewarde.com 

http://www.chm-lewarde.com/(英語あり)



・開館時刻
10月15日から2月28日まで
月〜土: 13:00〜17:00
日・祝日:10:00〜17:00
(17:00まで入場可能。閉館は19:00)

3月1日から11月14日まで
毎日:9:00〜17:30
(17:30まで入場可能。閉館は19:30)

1月1、31日、5月1日、12月25日は閉館。


・レストランは、開館日の12:00〜14:00が
営業時刻。


・入場料
(ガイド付き)
大人:11,50ユーロ
割引:5,90ユーロ

(ガイド無し)
大人:9ユーロ。
割引:4,70ユーロ。

家族割引、グループ割引もあり。


・アクセス

・・・車が無いとかなり不便です。

鉄道で行く場合は、
TGVでドュエ (Douai) まで行き
(所要時間1時間強)、
ドゥエからローカル線に乗り換えて
6〜8分の
モンティニー・アン・オストルヴァン
(Montigny en Ostrevent) で下車。
そこからセンターまでは約5km。
タクシー使用がお勧めです。
ドゥエとモンティニー・アン・オストルヴァンの
ローカル便は1時間に1本。


| 1/2PAGES | >>

Blog Ranking

ブログランキングに参加して
います。クリックして頂けると、
大変光栄です。

人気ブログランキングへ

靈氣(れいき)

Association Amaori が、
直傳靈氣ヒーリングと
直傳靈氣セミナー前期を
パリ、ブリュッセルで
実施しています。

お問い合わせは、
ayameiris800*gmail.com
までお気軽にどうぞ。
(*を@にして下さい)

profile

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR