<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2011年の伝説となった、なでしこJAPAN


ここ数日、

なでしこJAPANの

各試合ダイジェストを

繰り返し見ながら、

涙しているtakezoです。



うう・・・ありがとう、

なでしこJAPAN・・・!

そして、ごめんよ・・・。



あなた達が安月給なのは、

今まで注目してこなかった

我々観客のせいだ。



彼女達の仕事は、

それに見合う

正当な評価を受けているとは

言い難いでしょう。

国内女子リーグ(なでしこリーグ)では、

給料の出るクラブの方が珍しく、

出ても月額で10万円前後。

「プロ」でありながら、

昼間は別の仕事で

生計を立てなければならず、

練習は夜のみ、

手弁当持参の選手も少なくない

とのことです。



勿論、

給与待遇の男女格差があるのは、

日本だけではありません。



ちなみに、

フランス女子プロサッカー

1部リーグ選手の月給は、

1500〜3000ユーロ

(約16.7万〜33.5万円)。

最も高い給与で

12000ユーロ(134万円)

を得ている選手もいるとのことです

(男子平均は、45000ユーロ

=約503万円)。



とはいえ、

欧米のプロリーグの女子選手達は

クラブから給料を貰い

サッカーだけに打ち込める毎日を

送っているのです。

なでしこ達は、

そんな欧米の選手達を打ち破って、

世界一になったのです。



切り詰めた生活の中で、

練習のための時間をつくり、

厳しい鍛錬と負傷に脅かされながらも、

生計を立てるための、そして、

職場の一員としての責任もある

昼間の仕事を両立させながら、

国民から注目も期待もされなくても、

彼女達は、「日本」を背負って、

日本のためにプレーしてくれました。

疲労し傷ついている我々が、

どれだけ励まされたことか。



日本サッカー協会小倉会長は

彼女達の待遇改善に向けて

善処すると言ってくれました。

どうか、よろしくお願い致します。

彼女達に美味しいもの

食べさせてあげて下さい。



本当にありがとう、なでしこ達!




 


 日の丸を纏う澤選手。実に良い写真です。



スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • 01:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Blog Ranking

ブログランキングに参加して
います。クリックして頂けると、
大変光栄です。

人気ブログランキングへ

靈氣(れいき)

Association Amaori が、
直傳靈氣ヒーリングと
直傳靈氣セミナー前期を
パリ、ブリュッセルで
実施しています。

お問い合わせは、
ayameiris800*gmail.com
までお気軽にどうぞ。
(*を@にして下さい)

profile

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR