<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

世界遺産になる街(番外編1)

 
今日は、食べ物の話です。


ランスを始め、

北仏ノールパドカレ地方の

食べ物、料理の多くは、

隣接するベルギー西部の

ものと共通しています。



たとえば、ビール。



フランスと言えばワイン、

を連想するものですが、

日照時間の少ない北フランスでは、

ぶどうが育ちにくく、

地産ワインもありません。



という訳で、

ノールパドカレ地方のカフェやバーで

飲まれるワインは、

フランス他地域で生産されたもの。

むしろ、他地域ではあまり飲むことの

できないベルギー産のビールが、

この地方では日常的によく飲まれています。



そして、他地域の多くでは、

肉や臓物の地産ワイン煮込みなどが

名物料理になっているのに対し、

ノールパドカレ地方では、

料理にビールが使われます。



また、ベルギーの名物料理として

知られるムール貝のスープも、

ノールパドカレ地方の

海に近い地域では

よく食されています。



 


 レストランで注文すると、本当にこんな大鍋で

 出てくるので、圧倒されます。




このムール貝スープには、

白ワインを使うバージョンと

ビールを使うバージョンとが

あります。

 


ビールを使う料理、

皆様も是非お試し下さい。

コクと甘みがあって

美味しいですよ。

ビーフシチューやカレー、

魚介類の酒蒸しなどで、

ワインや日本酒を使う際に、

これをビールに換えてみる

だけでOKです。

この際、苦味の少ないビールを

使う方が、日本人の舌には

合うと思います。




*ノールパドカレ地方の

ビール煮込み料理

「カルボナード」の作り方を

ご紹介しておきます。



 



材料:4人分

・シチューやカレーの煮込み用牛肉1㎏

・ビール500〜700ml

・玉葱4個。

・バター大さじ2

・その他のオイル大さじ1

・小麦粉大さじ2

・蜂蜜か砂糖大さじ2

・塩、胡椒



作り方

1)牛肉を、表面に軽く焼き色がつくまで

バター、オイルで炒める。

2)小さめに切った玉葱を1)に入れ、

透明になるまで炒める。

3)蜂蜜と小麦粉を入れて、ダマにならないよう

全体に混ぜ合わせる。

4)ビール、塩、胡椒を入れ、

牛肉がとろけるようになるまで2時間ほど煮込む。



*材料は、お好みで適当に調節して下さい。


*玉葱以外の野菜を加えることもできます。

適した野菜は、人参、じゃがいも、マッシュルーム、

セロリなど。大きめに切り、玉葱を炒めた後に投入します。


*または、これらの野菜を別に茹で、

出来上がったカルボナードのソースを上から

かけて食べても良いです。



スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • 02:24
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Blog Ranking

ブログランキングに参加して
います。クリックして頂けると、
大変光栄です。

人気ブログランキングへ

靈氣(れいき)

Association Amaori が、
直傳靈氣ヒーリングと
直傳靈氣セミナー前期を
パリ、ブリュッセルで
実施しています。

お問い合わせは、
ayameiris800*gmail.com
までお気軽にどうぞ。
(*を@にして下さい)

profile

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR