<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フランス人からのメッセージ


東日本で大地震と津波に

よる災害が起こった日。



私が、それを知ったのは、

フランス時間の昼頃、

インターネットの

ニュース記事を読んだ

ときでした。

眼で活字を読んだだけの

そのときは、事の深刻さが

まだ分かりませんでした。



その後、地方在住の

日本の女友達に

たまたま用事があって

1年ぶりに電話をかけた際、

その彼女から、

大変なことが起こっている

ことを知らされました。

彼女自身は、既に朝から、

フランスのテレビで

報道される情報を

追い続けていたとのことです。



彼女との電話を切り、

テレビを点けた後で、

私は即刻、

友人のY子に電話しました。



毎日朝早くから学校に出かけ、

授業のために携帯の電源も

切っている筈の学生Y子に、

早く報せてあげねば

と思ったからです。

授業中であれば、

メッセージだけでも

と思っていました。



電話はすぐに繋がり、

「ありがとうございます、

でも、もう知ってるんですよ!」

と、Y子。



朝から立て続けに、

フランス人の友達が2人、

「日本で、大変なことが起こってるぞ!」

と電話をくれ、それで起床し、

学校に来てみたら、

日頃はあまり喋ったことのない

人達までもが

「日本のニュースは聞いたか?」

「大丈夫か?」

と心配してくれたとのことです。

友人の1人は、日本に何度も

行ったことのある親日家で、

眼を真っ赤に腫らしていたそうです。

また別の友人の1人は、

テレビの無いY子に、

「日本のニュース見たいでしょ? 

うちにおいで!」

と言ってくれたそうです。



・・・Y子にとっては、

同胞である私からの報せが、

一番遅かった訳です。



その後、外出した私も、

アパートの廊下で遭遇した隣人から

「日本のこと、知ってる? 大丈夫?」と聴かれ、

数ヶ月会ってないフランス人の友人からも

「日本は大好きな国だから、本当に辛い。

一刻も早く事態が良くなってほしい」

とSMSが届きました。



私自身も経験があるのですが、

パレスチナやチュニジアで

痛ましい出来事が起こっていたとき、

在仏パレスチナ人の友人、

在仏チュニジア人の友人に

連絡をしたことがあります。



それは彼らが私の友人だったから、

というのは勿論なのですが、

報道で現地の人々の苦境を知り、

その国の国民の1人であり、

たまたま縁あって

自分の身近にいる彼らに、

声をかけずにはいられなかった

からなのです。



遠く離れた日本の人達のために、

祈ってくれているフランス人達がいます。

彼らのメッセージは、

私やY子を経由して、

苦難の中にある日本の方々に

向けられた声です。




スポンサーサイト

  • 2011.09.13 Tuesday
  • -
  • 06:46
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Blog Ranking

ブログランキングに参加して
います。クリックして頂けると、
大変光栄です。

人気ブログランキングへ

靈氣(れいき)

Association Amaori が、
直傳靈氣ヒーリングと
直傳靈氣セミナー前期を
パリ、ブリュッセルで
実施しています。

お問い合わせは、
ayameiris800*gmail.com
までお気軽にどうぞ。
(*を@にして下さい)

profile

selected entries

categories

archives

recent comment

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR